男性

労務管理を強化して離職率低下!やる気を引き出すための制度構築

適材適所に配置

オフィス

企業に所属しているスタッフのポテンシャルを引き出すためには、ちゃんとした評価をするのが重要です。どういうことかというと業務における実績は勿論ですが、取り組んでいる姿勢も重要です。確かに、業務での実績は企業の売上といったものに響いてくるため、重要視してしまうのがほとんどです。しかし、結果を出す過程についても評価を下さなければ従業員のやる気を引き出すことが難しくなってしまうでしょう。最悪の場合、業務におけるスタッフのモチベーションがダダ下がりになってしまい、離職を招いてしまう結果となってしまうことも考えられます。そのようなことを防ぐためにも、人事考課を徹底するのが重要なのです。

人事考課に必要な要素は、能力開発や適正配置に適正処遇です。能力開発によって、スタッフの能力と実際の現場での実務難易度の差を埋められるようになります。また、適正配置によって、スタッフの持ち味を活かせられる現場におくことで期待以上の業績を積み立ててくれるのは間違いありません。そして、成果や行動の上回り具合を反映させるのが適正処遇です。これらの人事考課は、重要なものといえるのは確かです。所属スタッフが将来的にも継続して働いてくれるかどうかにかかっているのは間違いのないことといえます。そのため、人事スタッフや管理職についている人にとっては重要な仕事といえるのは確かです。

適切な人事考課にするためには、人事スタッフと現場での仕事具合をチェックしている管理職とのミーティングによって決定することが多いものです。ですが、最近では外部の専門コンサル業者に相談して一緒に決めてもらうという方法を採用しているところもあります。すぐにでも、適材適所に人材を配置して、企業の利益に結び付けたいなら、専用コンサルに頼るのが最適です。